新たなエネルギーの必要性

普及させる為の課題

メガソーラーは1メガワット以上の大規模な発電出力を持つ太陽光発電システムの事で、再生可能エネルギーの1つとして期待されています。以前起きた福島第一原発事故で原子力発電のリスクが浮き彫りになった事から原子力発電にかわる電力としてメガソーラーを含む、水力、風力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーの開発に期待が高まっている訳ですが、まだまだ多くの課題があります。メガソーラーにおいては設備する為の条件のハードルがそんなに高くなく、再生可能エネルギーの中では比較的に企業などが参入しやすいのですが、自然環境に大きく左右されるという問題があります。天候が悪いと発電量が下がるし災害などで太陽光パネルが汚れたり破損する可能性の高さから電力を安定供給出来ないという課題があり、電力買取を一時期にストップする電力会社もあります。

人気のエネルギーは

福島第一原発事故の影響で原子力に頼らない社会を目指すという思想や政府が再生可能エネルギーの導入を促進する為、再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社に買取らせるという再生可能エネルギーの固定価格買取制度が2012年からスタートした事で再生可能エネルギーの注目度は上がりました。中でもメガソーラーは設備する場所を探し易い、燃料を必要としない為、二酸化炭素や有毒なガスを排出しないので環境にやさしい、災害などで設備に被害がでた場合、燃料漏れの心配がなく太陽光パネルが破損して風で飛んだとしても周辺地域に与える影響はそこまで大きくならないなどの点から人気があります。今後、研究開発が進む事でコストパフォーマンスが上がる事に多くの人が期待をしています。

大規模太陽光発電の利点

近年、注目を集めているメガソーラーについて解説しています。メガソーラーでは多くの太陽光パネルを一カ所に集めて多くの発電を行う事が出来る、新しいタイプの発電所です。活用されているソーラーパネルのタイプも様々なタイプが登場しており、省エネルギー化社会に貢献しています。

詳細を確認する...

環境に優しい発電

メガソーラーとは、出力1メガワット以上の太陽光発電システムのことです、福島第一発電所の事故や、再生可能エネルギーの固定価格買取制度開始を契機に、建設が進んでいます。環境に優しい発電方法は大きなメリットです。しかし公的制度次第で買取価格が左右されるデメリットもあります。

詳細を確認する...

豊かな自然エネルギー

メガソーラーは大手資本によって設置されます。設置される場所には大きな雇用が生まれ日本全国からその雇用を求めて人々が集まってきます。また最近は蓄電池の開発も行われており、その設置にも大きな雇用が見込まれます。

詳細を確認する...

Copyright ©2015 メガソーラーや太陽光発電は見逃せない!自然エネルギー知っ得情報 All Rights Reserved.